屋根の問題症状紹介

問題症状紹介

屋根の部分で一番心配なのは雨漏りではないでしょうか。雨漏りの原因には以下の様な問題症状があります。 ご自宅に同様の症状は出ていませんか?

症状:天井や壁にシミが出来ている

症状内容

瓦や防水シートの破損などいろいろな原因が考えられます。そのまま放置しておくと、天井やクロスが汚れるだけではなく、屋根の下地や骨組みにもダメージを与えてしまいます。

補修内容

雨漏りの原因を、屋根に登り探していきます。発見した箇所の不具合を修繕し、天井からの雨漏りを解消します。
瓦や防水シートの破損の他に、雨樋の目詰まり、谷板金の破損、漆喰のはがれなど、様々な原因に合わせた修繕を行います。

症状:瓦の割れ、ズレ

症状内容

瓦の割れから雨水が入っていくことがあります。また、瓦があきらかにずれていたり、瓦と瓦のすき間が大きいと雨がまっすぐに流れていかず、中に入り込むことがあります。

補修内容

割れているものは新しい瓦に差し替えます。ずれている部分は通りよく、まっすぐになるよう納め直します。

症状:漆喰のはがれ

症状内容

瓦と瓦の間に白く塗り込められているものが漆喰です。経年劣化や風雨にさらされてはがれ落ちてくると、そこから中の屋根土に雨水が染み込み、雨漏りにつながる場合があります。

補修内容

漆喰を重ね塗りして補修します。状態によってはすべて撤去して、下地からやり直し補修を行います。

症状:屋根の塗装の色落ち

症状内容

カラーベストやセメント瓦の場合、10年ほどで塗装が剥がれてくることがあります。防水効果など屋根の役割が低下し、雨漏りなどの原因になる場合があります。

補修内容

再塗装や葺き替えをお勧めします。瓦に葺き替えられた場合、今後の塗り替えの心配もなく、断熱効果や防音効果もあり、長い目で見ると満足されるお客様が多いようです。

プロだからこそわかる!重大な問題症状

屋根の問題症状には、一見しただけでは気付かないようなところに雨漏りの原因が潜んでいることが数多くあります。
屋根のプロが診断いたしますのでお気軽にご相談ください。

症状:谷板金の穴・切れ込み

症状内容

屋根と屋根の間に雨水の通り道(谷部分)があります。そちらの板金が経年劣化により穴があいたりして水を通してしまうことがあります。それにより、雨漏りが生じる可能性があります。

補修内容

谷板金の交換を行います。状態によってはすべて撤去して、下地からやり直し補修を行います。

症状:コケや雑草の発生

症状内容

屋根の上にコケや雑草が生えてくる場合があります。水や湿気が内部に溜まっているのかもしれません。放置していると、雨漏りの原因になる可能性があります。

補修内容

写真のような状態では屋根も劣化がひどいため、屋根の全面を和瓦へ葺替となる場合があります。屋根の状態により、雑草の除去や問題箇所の修繕を行います。

症状:雨樋に枯葉などが詰まっている

症状内容

雨樋に枯葉やゴミが溜まっていると、雨の通り道が無くなり、雨漏りにつながったり、水があふれて激しい音がすることがあります。屋根の上でも枯葉や枝が溜まると雨漏りの原因になることがあります。

補修内容

枯葉やゴミをきれいに掃除します。近くに大きな木がある場合は雨樋を定期的に掃除することをお勧めします。

<ご注意>

屋根の上は高所で勾配があるので、足元が落ち着かず危険な場所です。
また、瓦が経年劣化のためにもろくなり、踏むと割れやすくなっていることもあります。
問題症状がある場合はぜひプロの私達を呼んでください。
長年の経験や判断により適切な補修を行います。
屋根は家の顔であり、お客様の生活を守る大切な部分です。美しさを保って、安心安全!
定期的なメンテナンスをお勧めいたします。

ページ上部へ戻る