屋根の修理工事内容と料金

修理工事料金案内

各工事のおおまかな内容・料金・工期などについてご紹介します。
料金・工期は、屋根の形状・面積・使用する屋根材などにより変動する場合がございますので、予めご了承ください。

屋根の雨漏り補修

内容 点検・下見/コーキング施工/瓦のズレ補修/足場架設(※状態により必要となる作業です。)
料金 一箇所¥5,000~(点検・下見は無料)
工期 30分~
工事について コーキングによる損傷の補修、瓦のズレによる雨漏りを解消するための応急処置になります。瓦屋根・スレート屋根どちらも対応できます。雨漏りの度合いにもよりますが、屋根の全体の葺替工事をおすすめする場合もございます。

屋根の葺替工事(瓦屋根・スレート屋根)

内容 【瓦屋根の場合】
瓦剥ぎ工事/下地工事/平部・袖部・棟部の瓦葺き工事/足場架設/産廃処理
【スレート屋根の場合】
瓦剥ぎ工事/下地工事/本体葺き工事/板金工事/足場架設/産廃処理
料金 【瓦屋根の場合】
¥9,000/㎡~(点検・下見は無料)
※石綿(アスベスト)処理費用 ¥1,500/㎡~
(※は必要になる場合がございます。)
【スレート屋根の場合】
¥7,000/㎡~(点検・下見は無料)
※石綿(アスベスト)処理費用 ¥1,500/㎡~
(※は必要になる場合がございます。)
工期 【瓦屋根の場合】 2週間~
【スレート屋根の場合】 7日~
工事について 【瓦屋根の場合】
粘土瓦は再塗装の必要が無く、防音・遮熱効果に優れているので、セメント瓦やスレート瓦などに比べると長い目で見るとメンテナンス費用がお得です。屋根のメンテナンスをしていない方や、屋根の雑草・コケでお悩みの方におすすめしています。
【スレート屋根の場合】
10年から15年程屋根のメンテナンスをしていない方におすすめしています。特に有害物質である石綿を含んだ古いスレート瓦ですと、触るともろくなっていてかけたりするので、できれば全面葺替をおすすめしています。

屋根の葺き直し工事

内容 瓦剥ぎ工事/下地工事/平部・袖部・棟部の瓦工事/足場架設/産廃処理(※状態により必要となる作業です。)
料金 ¥5,000/㎡~(点検・下見は無料)
※石綿(アスベスト)処理費用 ¥1,500/㎡~
(※は必要になる場合がございます。)
工期 2週間~
工事について 葺き直す瓦は、瓦の種類・状態により再利用できます。差し替える瓦が少ないため、瓦の費用が抑えられますし、古い瓦の処分も少ないので環境にも優しいと考えられます。また、屋根の下地を整え、瓦を固定し直すことで、ズレや瓦が飛ぶのを防ぐことが出来ます。屋根のメンテナンスをしていない方におすすめしています。

屋根の塗装工事

内容 足場架設/高圧洗浄/塗装工事
料金 ¥4,000/㎡~(点検・下見は無料)
工期 2週間~
工事について 屋根の色あせが気になる方におすすめしています。屋根のコーティング効果を上げ、防水性や遮熱性・断熱性を向上させ、屋根を保護することが出来ます。塗装も有効なメンテナンスですが、今後のメンテナンス費用の削減や防音・断熱の効果などから、葺替工事を選ばれるお客様も多くいらっしゃいます。

割れた瓦の差し替え・ずれた瓦の納め直し

内容 【瓦の差し替えの場合】
割れた瓦を新しい瓦に交換/足場架設(状態により必要となる作業です。)
【瓦の納め直しの場合】
ずれた部分の納め直し/足場架設(状態により必要となる作業です。)
料金 ¥5,000/枚~(点検・下見は無料)
※石綿(アスベスト)処理費用 ¥1,500/㎡~
(※は必要になる場合がございます。瓦の納め直しに関しては必要ありません。)
工期 1日~
工事について 【瓦の差し替えの場合】
割れた瓦は屋根の美観を損ないますし、雨漏りの心配もあります。瓦を新しいものに差し替えて屋根の修繕完了です。落ちそうな瓦があると落下して重大な事故を起こす恐れがあります。
【瓦の納め直しの場合】
瓦がずれていると雨漏りの原因になります。瓦の状態が良ければ、瓦のずれを直すだけで雨漏り予防になります。雨漏りが起こる前の工事をおすすめいたします。

屋根の漆喰補修

内容 漆喰塗り/内部の土・南蛮など撤去※/土・南蛮積み替え※/足場架設※/産廃処理※
(※は状態により必要となる作業です。)
料金 漆喰塗り ¥5,000/m~(点検・下見は無料)
南蛮漆喰積み替え ¥12,000/m~(必要になる場合がございます。)
工期 1日~
工事について 棟の漆喰がはがれていたら補修が必要です。内部の状態により、上塗りだけで済む場合とすべて撤去してやり直す場合があります。漆喰は長年風雨にさらされるので、どうしても経年劣化が出てきます。漆喰がはがれて中の屋根土が出たままですと、雨水が入り雨漏りの原因にもなります。10年以上メンテナンスをしていない方におすすめしています。

屋根の谷板金交換工事(瓦のみ)

内容 谷板金交換/産廃処理/下地交換※/足場架設※
(※は状態により必要となる作業です。)
料金 ¥7,500/㎡~(点検・下見は無料)
※石綿(アスベスト)処理費用 ¥1,500/㎡~
※必要になる場合がございます。
工期 1日~
工事について 穴をコーキングで塞ぐ処置もありますが、あくまでも応急処置となりますので、鍋順では経年劣化で穴が開いた板金の交換をおすすめしています。谷板金のまわりの瓦をはぎ、板金を取り外し、下地に影響がないか確認します。板金を新しいものに取り換えてまわりの瓦を元に戻します。これで雨水の侵入がなくなり安心です。雨漏りでお悩みの方はこの工事で問題が解消する可能性があります。

雨樋落ち葉除けネット取り付け工事

内容 落ち葉掃除/ネット取り付け/足場架設(状態により必要となる作業です。)
料金 ¥4,000/m~(点検・下見は無料)
工期 2日~
工事について 雨樋に溜まった落ち葉を掃除した後、ネットを取り付けます。これで落ち葉がたまらず、雨水を流してくれるので安心です。鍋順では雨樋の交換工事、落ち葉掃除も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

<お見積もり金額について>

屋根の工事には、屋根の形状などにより様々な作業が必要となる場合がございます。鍋順が提出しますお見積り金額には、必要とされる作業は全て明記されています。鍋順は曖昧な金額表示ではなく、必要となる作業・料金を明確にし、お客様が納得された上で、作業を行うことが重要だと考えております。まずは一度お客様にお会いして屋根に関して不安に思われる部分をお伺いし、実際に屋根を見せていただきたいと思います。その上で、お客様の不安要素をじっくり時間を掛けて説明を行い、必要になる作業・料金にご納得いただいたうえで工事を開始したいと思います。

専門用語解説

石綿(アスベスト)

建物の断熱材などに広く使われた鉱物。肺機能に有害であることが判明し、2004年10月に含有製品の製造・使用が禁止されました。スレート屋根のように固められたものに含有している石綿は比較的飛散しにくく、人体への影響は少ないと言われています。石綿(アスベスト)が使用された建造物の解体等には、石綿作業主任者の資格が必要です。鍋順では石綿作業主任者をはじめ、石綿取り扱い作業従事者特別教育を受けたスタッフがおりますので、屋根の解体時には細心の注意を払い、安全な工事を行うことができます。

スレート屋根

スレートは英語で薄い板という意味です。厳密にいうと天然の岩盤からとれた天然スレートと、セメントなどの化合物で造られた化粧スレートがあります。ここでは化粧スレートのことをスレート屋根と説明しています。取扱製品はコロニアルクァッド KMEW㈱製などがあります。大量に製造が可能で、粘土瓦に比べ施工も簡単で安く行えるため普及しました。

南蛮漆喰

石灰・砂・山粘土などに水を加え、一定時間混練したものを指します。接合剤として用いられ、使用することで雨水や虫などが瓦の間に入り込みにくくします。雨水が浸透しても崩壊しにくく、瓦の丸や棟を固定したり、充填材として使用されます。

お客様の声

お客様より頂いた嬉しいお言葉をご紹介いたします。

ページ上部へ戻る