アーカイブ:2017年 3月

カルロス・ゴーン氏の記事より

日経新聞の伝記で1月はカルロス・ゴーン氏の手記でした。

その中で、心に残った言葉の備忘録です。

嫌いということの背景には何か重要なことが隠されている。

物事を複雑にしてしまうのはそれが何も理解できていないからだ。

お世辞を言うより、ありのままを話せば聞き手は引き付けられ、感銘を受ける

変えられるのは中にいる人

すべては一人ひとりの意欲から始まる

帰属意識は働く意欲の源泉になる

日産をみごとに復活させたゴーン氏の言葉はわかりやすく、私も変化していきたいと思いました。まずは数字と仲良くなりたいです。

ページ上部へ戻る